津久見​音頭
- Tsukumiondo -

​​歌詞

一、ハー

津久見みかんと

津久見の娘 ハーチョイトナ

色がついたら

色がついたらすぐうれる

「サテ、マツトソジャ 〱 すぐうれる」

 

二、 ハー

うれる色香に

なさけがかかる ハーチョイトナ

津久見生まれの

津久見生れの良い男

「サテ、マツトソジャ 〱 良い男」

 

三、 ハー

男意気なら

ハッパのきりは ハーチョイトナ

ドンと地ひびく

ドンと地ひびく山くずれ

「サテ、マツトソジャ 〱 山くずれ」

 

四、 ハー

山がくずれりゃ

セメントザイル ハーチョイトナ

今日も気になる

今日も気になるあの出船

「サテ、マツトソジャ 〱 あの出船」

五、 ハー

出船 荒船

三陸沖に ハーチョイトナ

主は風切る

主は風切るマグロ船

「サテ、マツトソジャ 〱 マグロ船」

六、 ハー

船のかえりは

正月か盆か ハーチョイトナ

保戸の嫁女の

保戸の嫁女の胸こがす

「サテ、マツコトソジャ 〱 胸こがす」

 

七、 ハー

こがす想いを

せんすにまわしゃ ハーチョイトナ

嫁も浪も

嫁も娘もあで姿

「サテ、マツコトソジャ 〱 あで姿」

 

八、ハー

姿かたちに

おかぼれするな ハーチョイトナ

尺間ごんぜん

尺閒ごんげん見てござる

「サテ、マツコトソジャ 〱 見てござる」

 

九、 ハー

見てよ四国は

あの海ひと星 ハーチョイトナ

八戸の高原

八戸の高原日本暗れ

「サテ、マツコトソジャ 〱 日本晴れ」

 

十、ハー

晴れて添う日は

八幡さまに ハ—チョイトナ

お礼まいりの

お礼まいりの津久見っ子

「サテ、マツコトソジャ 〱 津久見っ子」